本文へ移動

けいゆう君とリハビリ科スタッフのブログ

「けいゆう君とリハビリスタッフ」ブログ

伊勢慶友病院リハビリテーションスタッフによるブログです。
「けいゆう君」という架空キャラクターの視点で、
病院やリハビリ科での出来事などを紹介していきます。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

高柳の夜店

2019-06-03
カテゴリ:出来事
こんにちわ。今年も高柳の夜店に出展してきました!
伊勢市の高柳商店街では、6月1日から、1・6・3・8が1桁につく日に開催され、今年は7月7日まで開催されています。
とても活気がありますね。
今年は第2日目に、「慶友病院の日」として、ブースをお借りしました。
僕(けいゆうくん)と理学療法士・作業療法士・栄養士チームで、小中高生やお子さんからお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんまで家族でも楽しんで頂けるものを企画しましたよ。
・けいゆうくんとゲーム
・握力ランキング 
・起立テスト
・栄養相談や熱中症予防のための水分補給について
入口では、僕と一緒にゲームを楽しみました。
癒しロボットパロも子供に人気でした。
隣では、握力測定をしました。
ちいさな子から大人まで。
堂本院長も記録に挑戦。
高校生たちが大いに盛り上げてくれましたよ。
次々に、塗り替えられるランキングに挑戦者が続出。
最終的に2時間で206人(男性90人・女性116人)の方が参加され、大盛況でした。
お子さんから高齢の方までたくさんの参加ありがとうございました。
みなさん、掲示した年代別の平均値と自分の握力値を比較して帰られましたよ。
最終の握力ランキング表です。
なんと、男性の部1位は握力80kgで男子高校生(陸上部投てき選手)でしたよ!!
女性の部1位は、握力39.2kgの女子高生(ソフトボール部)でした!
また、起立テストとして、脚の力もチェックしました。下半身の力もとても大切ですね。
10cmの台から片脚で立ち上がるのはとても大変。
熱中症にも気をつけなければいけないシーズンになってきましたね。
栄養相談を行ないました。
 
地域の皆さん、伊勢慶友病院のブースに遊びにきていただき、ありがとうございました。

認定理学療法士 合格!

2019-05-31
カテゴリ:出来事
当院から、新たに3名の認定理学療法士が誕生しましたよ。
平成31年3月に大阪で受験をしてから、発表までの約2か月間ドキドキしていました。
3人揃って無事合格でき、とてもホッとしています。
これで当院には認定理学療法士7分野23領域のうち、5領域に渡り6名(のべ9名)の認定理学療法士が在籍することになりました。
 
運動器3名
脳卒中2名
地域理学療法2名
介護予防1名
臨床教育1名
 
ひかりメディカルグループのリハビリテーション部全体でも、研修申請制度について年々充実してきており、療法士が県外研修・学会参加がしやすい体制が整備されてきました。
 
当院リハビリ科内でも資格取得に向けて、仲間と一緒に取り組む良い雰囲気があることは、とても嬉しく思います。
 
資格認定後も自己研鑽を継続するとともに、高い専門的臨床技能と経験を維持できるように取り組んで欲しいですね。
 
 
伊勢慶友病院リハビリテーション科は「生活に安心を提供する」を法人リハビリ部の理念に、これからも地域に貢献できるように取り組んで参ります。

春の消防訓練

2019-05-22
カテゴリ:出来事
本日、春の消防訓練が行われましたよ。
毎年、春と秋に実施されますが、令和になってから初めての消防訓練となりました。
 
職員の顔つきは真剣!
放送に従い、職員たちはキビキビと行動をしていました。
無線で消火活動の状況を本部へ連絡。
消火活動が引き続き行われています。
6名毎の職員が力を合わせて、患者役を担架で救助運搬。
階段は、足側方向から運搬することを確認。
本部席にいる堂本院長へ無線で消火・救助状況が報告され、避難誘導を無事終えた連絡が入ります。
最後に、新入職員中心に参加して、消火器の使用方法の勉強しました。

マジックショー

2019-05-18
カテゴリ:出来事
2階西療養病棟でマジックショーが開催されました。
たくさんの患者様、ご家族様が参加して楽しい時間を過ごしました。
マジシャンの手や口から、つぎつぎ突然現れる赤や緑の玉にみんなビックリ!!
大きな拍手が沸き起こりました。

令和元年

2019-05-01
カテゴリ:出来事
令和元年を迎えましたね。
 
平成31年4月17日~19日は天皇皇后両陛下が退位の報告に伊勢神宮を御参拝されました。
当日お休みだった職員たちのなかにも、お姿を一目見ようと沿道にかけつけたみたいだよ。
通所リハビリの利用者さんが、平成の最終利用日に書いてくれましたよ。
どうですか?
僕、官房長官みたいですか・・・。
 
令和も、伊勢慶友病院をよろしくお願いします。
TOPへ戻る