本文へ移動

足の静脈瘤治療について

足の静脈瘤、治療します

足の静脈が異常に膨らんだ状態を静脈瘤と言います。非常に多い病気で人口の1~2割、あるいは成人の4割が下肢静脈瘤をもっているといわれています。命には、別状ない病気ですが、放置していると足の皮膚が茶色で硬くなったり、ときには皮膚に潰瘍を形成することもあります。

下肢静脈瘤の症状

  • 足の血管がボコボコと膨らむ、寝るとおさまる。
  • 足がだるい、重い、かったるい、ほてる、痛む、こむらがえる。
  • 足の皮膚が茶色になる、硬くなる、ジュクジュクする。

下肢静脈瘤の検査

慶友病院外来では、次の検査を行います。
  1. 立ったり座ったり、また足にゴムを巻いて血管の状態を観察する。
  2. 足の静脈の超音波検査をする。
  3. 足の静脈の血管造影検査をする。

下肢静脈瘤の治療

1.弾性ストッキング

悪化を防ぎますが、治すことはできません。

2.静脈瘤の硬化療法

注射で静脈瘤を処置します。

3.手術療法

静脈瘤に対する手術には、いろいろな方法がありますので、できるだけ侵襲が少なく患者さんに合った手術を選択します。

お問い合わせ

伊勢慶友病院
下肢静脈瘤外来 担当医:鈴木
(木曜日午前・外科外来・予約制)
TEL 0596-22-1155
 
慶友病院では、日帰り手術も行っています。
外来処置でほとんどが治りますので、一度ご相談ください。
TOPへ戻る