本文へ移動

CT

Computed Tomography(コンピューター断層撮影)の略です。
<マルチスライスCT Scan>
X線を体の回り360°から照射し、体の中を通過したX線を同じく体の回り360°から測定します。
得られたデーターからコンピューターによって体の断層画像を作ります。
必要時には、さらにコンピューターにより加工して3D画像を作ることも出来ます。
TOPへ戻る