伊勢慶友病院トップヘ

教育と研修

看護部教育方針

看護部の理念に基づき、人権尊重・安全で質の高い看護の提供ができる看護師を育成します。
自己研鑽のできる力を高める教育をします。

新人育成(みんなで支える新人教育)

先輩看護師が日々の業務で新人を指導し支える屋根瓦方式のOJT。
各部署に教育担当者・各人にプリセプターが一人一人を支えます。
新人ローテーション研修で自部署では経験できないことを学びます。
新人が早く安心して働けるよう、新人研修を行なっています。

~新人教育研修計画~
  看護部目標 集合研修
4月~6月 フォローがあれば、手順や基準に基づいた看護ができる ・新人オリエンテーション
・院内新人研修
・新任者研修
・コミュニケーション
・フィジカルアセスメント(看護協会)
7~9月 各部署によくある疾患や病態を理解し、重症者や複雑な背景をもつ患者の看護もできる ・医療安全
・感染症対策
・急変対応
・倫理の基礎知識(看護協会)
10月~12月 自分の部署では経験できないことも、積極的に経験できる ・スキンケア(看護協会)
・ローテーション研修
1月~3月 基本的な看護技術が1人でできる。看護過程に基づいて受け持ち患者の看護が展開できる ・フォローアップ研修

クリニカルラダー(励まし、認めるキャリアアップ)

伊勢慶友病院では、患者中心の看護の質の向上を目指して、看護師個々の臨床看護実践能力や意欲に焦点を当てた、一人一人を励まし、勇気づけ、承認する(エンカレッジ)スタッフ育成・評価を目的として、クリニカルラダー(臨床看護実践能力習熟段階制)を取り入れています。
クリニカルラダーレベルを4段階に分け、各レベルに合わせた院内研修を行なっています。

クリニカルラダー 各レベル到達目標
4つのレベル(新人・一人前・中堅・達人)

当院の定義
ラダー1 習得レベル:指導や助言を受けながらマニュアルに沿って看護実践ができる新人ナース
ラダー2 自立レベル:プロとしての役割を自覚し、自立して主体的に看護実践ができる一人前ナース
ラダー3 指導、管理レベル:リーダーシップを発揮し、プロとして役割モデルになれる中堅ナース
ラダー4 包括的管理レベル:卓越した看護実践を実施し、ロールモデルになれる達人ナース

キャリアファイルの活用(自分を見つめて、自分を伸ばす)
キャリアファイルは看護師が専門職として看護を継続していくために、
自己のキャリア形成に関心を持ち、計画的に必要な教育を自主的にうけ、
自己研鑽した結果を可視化し、蓄積することを目的としています。

一人一人の夢(長期目標)を見つめなおすことができます。
自分の学んだことを振り返り、自分が興味のあること・関心のあることに気付きます。
学んだ結果を共有し、将来のキャリアアップに向けて、管理者からの支えを得ることができます。

中途採用者教育について(いつでも学べる教育環境)

オンデマンド教育(PCでもスマートフォンでもネット環境があれば、自分の空いた時間で視聴できる)を行なっています。お子さんが小さい方でも、短い時間を使って視聴できるため、学びたいときに学べます。
現場を離れて長いなど、不安がある方には新人研修も自分で選んでいただき受講できます。

看護支援システム導入

業務の標準化、効率化や医療の質、安全性の向上を目的として、看護支援システムを2013年1月よりリニューアルしました。
看護ケアと看護情報を同時に考え、看護ケアの質の向上に日々努めています。